2011年04月29日

ぐるるれいん

レインハウスで
レインとぐるるるしていると
すべての災いがとおい夢のように想える。

紙粘土で最初につくったのはレインの耳。

http://www.youtube.com/watch?v=HiMnpw-HbLg


小学校の時に読んだ北杜夫のエッセイに
「楽園とは。
 人間がいないこと」と書いてあった。

人間の欲望がねっこだろう。

まだ足りない。
もっと欲しい。
よくわからないけれど
もっと欲しい。
なにかが足りない。

我々は愚かだな。

関西の詩人は
「戦争は地震じゃないからやめられるやろ」と。

科学は「自然に逆らうカンジ」で発展した。

自然の対義語は不自然で正しいのだろうか?

放射能や原子力発電所に媚びるような未来なんて
ぺっぺっとツバはいてくれるわ。

な。
レイン。


posted by カオル at 09:02| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。