2011年06月10日

カオルが原発反対のワケ

遺伝子。
DNAってヤツがある。
ニンゲンすべてに備わっているし
またすべてそれは違う。
約60億人いれば60億種類ある。

遺伝子の並び方が
「他の誰でもないそのヒト」を決定する。
だから「DNA鑑定」が「人物の特定」の決め手になる。

遺伝子の情報。
そのヒトは背が高いか。どんなカタチの瞳か体型か。
髪の毛のカンジなど。

怪我をする。
傷口を治すために新しい細胞を再生するために
体内で例えば血小板が活躍する。
新しい細胞は「前と100%同じ」が大前提だ。
遺伝情報を確認して同じ細胞を再生する。
遺伝情報は設計図みたいなモノだ。


放射線放射能物質は
その設計図を勝手に書き換える。
どうなるか?
同じ細胞が再生されなくなる。
デタラメな設計図はガン細胞に書き換えたりする。

書き換えられた遺伝子は子供にも影響がある。
本来とあるべき場所と違う場所に手があったり
あらかじめガンになりやすいDNAで産まれてしまったり。


放射能の被害をきちんと防ぐ方法も
被曝を治す方法も
絶対に安全な原子力発電所も存在しない。


そんなキケンでヤバいものはいらない。

オレは放射能や核などに知識がなかった。
「広島核爆弾の惨状」はもちろん知っていたけれど
それが原発とあまりきちんと繋がらなかった。

今回の震災で泥縄式ではあるけれど調べた。
こういう時にインターネットは便利だなと想う。

調べれば調べるほど恐ろしくなってきた。
すでに2万4千年後にやっと半分になる放射性物質も検出されている。
他の国や海やそこら中に迷惑をかける。

オレはそんな悪魔の化学など嫌だ。


だから反対をするんだ。


posted by カオル at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。