2011年08月06日

ドアチャイム

ゆうべは悪友山田晃士のレコ発ライブにいった。

率直な感想は
「ライブとは観るものではなくて
 やるものだ」と。

ライブは楽しかったよ。
ロジャーとは20年前にバンドをやってた。
フィルが「ああロジャーだな」で嬉しかった。

山田君の歌詞を訊いていると
(恐らくファンの方々も同様かもしれないが)
「嗚呼。このろくでなしの唄。
 糸を引くような昼下がりの情事。
 愛欲にまみれデラシネのカオルの人生のようだ」と。

そんな感想を山田晃士にメールしたら
「ギャハハハハ!」と返信があった。

ウワサでは「山田晃士のトモダチは素行が悪い。
 特にカオルというヤツ」というのは当たりである。

ふと。
ふと。
ふと。
ある場面が脳裏に。

鬼頭君というロックンローラーがいる。
ずいぶん前のことだ。
鬼頭君の結婚パーティーにいった。
会場は原宿クロコダイル。
山田晃士といっしょにいった。
入り口では太い縦縞のギャング風スーツを着た鬼頭君が
来場者におおきな声で押忍と丸坊主の頭を下げていた。

パーティー会場のはじで
出番のない山田とカオルと馬場俊英は
まんじりと酒を酌み交わしていた。

事前に鬼頭君から
「オマエがきてくれたら引き出物を渡したい。
 くだらんものを渡すよりなにか欲しいモノはないか?」
当時オレは鍵をかけていなかったので
客がドアをあけるとわかるように
ドアチャイムが欲しいと答えた。

当日それを頂いた。
しかし。
それは確かにドアチャイムだ。
ただ。
でかい。
押し入れ用の上にモノが載せられますよタイプの
突っ張り棚ぐらいはある。
「逃した魚はデカい」というが
これでも控えめに表現をしている。

終了後オレはそのドアチャイムを抱え
山田晃士のボルボで渋谷エッグマンに。
横道坊主に加入したてのロジャーに逢いにいった。


ふと想い出した。

なんだかわかんなくなった。

付記。

関係者席には山田君のお父様がいらっしゃった。
神奈川県ではとても有名な弁護士で
まあなんというか。
以前カオルはお父様に「すごく世話になった」ので
そのときのお礼を言わせて頂いた。

すごく世話になったのだよ明智君。
posted by カオル at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し入れの突っ張り棚サイズ?!

ドアチャイムって
呼鈴の事ですよね??
Posted by 泣きぼくろ at 2011年08月07日 18:00
喫茶店のドアに
ちいさな鈴とかあるじゃんか。
来客があると鈴が鳴る。

ちりんちりん

鬼頭君のは「ゴーン がーん ばおーん」だ。
いい音がするが
庭でテニスができるような家のドアではないと
なんというか。

ろっくんろーる
Posted by カオルベル at 2011年08月07日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック