2011年11月15日

カオルのうみそ

さて。

オレは12年ぐらい「いわゆる精神科のクスリ」を服用している。
かなり減らせたのだが現在は

パキシル
ロヒプノール
ハルシオン(アップジョン青)
ベゲタミンβ
あとふたつぐらい飲んでる。


言ってみたいんだ。
クソ精神科医に。
「せんせー
 かってにくすりやめたんですけど。
 らくしょーで。自力突破」で
ブログに「オレはよー
 睡眠薬と抗うつ薬をある日突然一気にやめたぜ」とほざきたい。

病いは気から


気がやんでる場合はどーすんですかーの
ヒトがやたらいるんですけど
ジャパン大丈夫か?
posted by カオル at 18:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
病にかかると気も病む。

気が病むと病にかかる。

「病は気から」は
どっちの意味なのかな
と思う時があります。

病気になっても
気合いで吹っ飛ばせ!
おりゃっ!
みたいな使い方が
正しいのでしょうか?

私の場合。
身体が元気だと
働けるし食べられるし
何でも上手く出来るような
気分になり。
病気になると
早く治さないと
と気ばかり焦ってしまいます。

で。
何?
と問われれば。
ごめんなさい。
それだけです。


一つ前のブログを読んで。
個々の出来事や
考えや労力など
ホントに小さな事で
誰の目にとまっているのか
何の役に立っているのか
わからないほどだけど
その些細な事の
集結や積み重ねで
地球は周り続けているんだな。と。

で。
何?
と問われれば。
カオルさんのブログは
面白いなと(笑)
Posted by 泣きぼくろ at 2011年11月15日 20:13
名古屋のライブが待ち遠しいです
50才すぎて思うんだけど
若い頃を重ねてゆけば
強い人間になって行くと思ってた
根本的には変わらない
今も不安の中に埋れてしまう





Posted by オグリロックマン at 2011年11月15日 22:27
オグリロックマンに賛成だ。
オグリ三世。

ヒトは強くなんかなれないし
なる必要もないと想う。
緑色革命も読んだしギンズバーグも
いろいろやったけれど
「自分の弱みは自分で握りしめて」だ。

先行き不透明なんて
だいたい透明だった時代なんぞなくて
不安で不安で
だからボクらは寂しい夜に
インターネットなどするのでしょう。
Posted by カオル(オグリに賛成) at 2011年11月18日 07:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック