2012年01月22日

ライブ情報

4/1(日) 大阪 酔夏男(よかにせ)
山田晃士/カオル
open18:00/start19:00
前売り/3000 当日/3500
問/酔夏男(よかにせ) 06-6245-1198


その近辺に誕生日ワンマンをからめて。
とにもかくにも
当日まで「カオルの寿命」が持つかどうかだ。


晴れて暖かい日に
小菅の東京拘置所に面会に行こう。


しかし。
ヒトがいる。
トモダチもいれば敵もいる。
恋人や旦那や。

オレはバンドのメンバーを別にすれば
「誰かとの関係性に肩書きいらない」んだ。

オレは便宜上チンピラ詩人と名乗っているが
「社会的に何者でどういう位置づけなのかなど」
まったく興味がない。
若い頃はとても意識していたけれど
オレは「ただのカオル」として人生を全うしたくなってきた。

「わたしのことすき?どれぐらいすき?
 わたしってあなたにとってなんですか?」

どうだっていいだろうそんなものは。

みんなさ。
「何者か」である必要はないんだよ。
ひとつだけ「わたしは母親/父親である」のみ。

保証とか
保険とか
今回の震災でわかったじゃん。
あらためて一寸先は闇だ。

なんというのかな。
「ほどほど 人並み」ってのが嫌いなんだ。
振り切れていたい。
ブイーン

たとえば。
ロシアフォルマリズムってのがある。
異化効果。
20年前にこの辺りのことは
筒井康隆さんがやりまくった。

例。

嗚呼。
わたくしの選んだこの銀色の指輪。
ターコイズのようなおおきな石。
あのヒトはいったいどこの指にはめてくれるかしらん?
それにしても綺麗なグリーン。
アメリカにはアメリカンコーヒーないし。(この部分)
血統書がついているネコの瞳のようだわ。

くだらん。

写真(2012-01-22 23.28).jpg


メメント・モリ
死を想え
posted by カオル at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カオルさんと
晃士さんが
心斎橋の
ど真ん中で
エイプリルフールに
共演だなんて!

ステキ過ぎます!

春が待ち遠しい。
Posted by 泣きぼくろ at 2012年01月26日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。