2012年04月24日

ずっと書いていた

きのうのブログをアップしてから
ずっと書いていた。

小説は腹もへるけれど便秘もするなあそうかだからいつも精神病院のクスリ袋には便秘薬があってそれは小説をオレがいずれ小説を書くであろうといういんちょー先生の先見の明だと寝不足気味のカオルは想った。

外はひさしぶりに晴れて愛猫レインは存分にうたたね。

ラストシーンまで一気に下書きをと徹夜でがんばったがすでに50歳が近づいたカオルの肉体には
「13章 今度は凍りついた弁護士と店内の「ピンクとグレイ2」の巻」が限界だった。

カオルは無精髭を撫でながら「浪費をしたい。飯を食いたい」と願っている。
まるで敗戦処理の定年間際のピッチャーのような足取りでカオルは「街」へ歩いてゆく。





posted by カオル at 09:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「個人攻撃」はカオル以外は禁止な。念のために口がすっぱいから胃液が出るのか?

いいか。
名指しの個人攻撃は
「このブログでは絶対ダメ」だ。
どんな理由があってもダメだ。
怒りが収まらない場合は返信用アドレスを明記して
HPにメールしろ。
いいか。
オレが「いい」と言うまで動くなよ。

そういうことをしたヤツは。
「カオルの記憶」から完全に抹消するから。
ちょーしに乗りすぎないようにねカオル君。

よいこには濃厚なキスを。
させてやってもよいかな?

くしし。
Posted by k(念のため) at 2012年04月24日 09:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。